木島平B合宿 3日目

| コメント(0)

こんばんは。
本日は、諸事情(?)により東京(?)へ帰ってしまった亀屋君からの指名を頂きました、競技班4年の山本卓明がブログを書かせて頂きます。

昨日のブログ内でも少し話題となりましたが、実は昨日のGS練習中に転倒してしまい、その際外れた両足の板が自分の膝に直撃したため、打撲を負いました。
幸い、ひねりなどはなく、骨や筋に異常もなく、本日のSL練習にも参加することができました。
毎度お騒がせ致しまして、申し訳ありませんでした。。

さて、「痛み」というのは、人によりその感じ方は色々と違うものであると思います。
痛くないのに痛がる、もしくはそれをアピールする人。痛いはずなのにやせ我慢して痛くないように振る舞う人。
ここ最近、リーゼン内ではケガを負う人が続出しているようです。
ゲレンデで転倒したとき、私はとにかくコース内の板をいち早く回収して退かなくては動きましたが、リフトに乗ってみると、板の重みで膝が妙に痛いことに気付き、その後の練習を止めて、宿に戻り確認すると、血が出ていたことがわかりました。

運動中の痛みは、アドレナリンなどの影響もあってか、よくわからないものですね。
ぜひ、みなさんも自分の現状を正しく捉え、その時の状況に合わせた適切な無理のない行動を取るようにしていきたいですね。


ところで、今日ひとつ前のリフトに乗っていた田路君は、降り場で係員に怒られていたように見えました。
本人に話を聞いてみると、どうやらミドラーに昨日のリフト券を入れ、その内側に隠れたハーパンに今日のリフト券を入れていたため、呼び止められたようです。
次のリフトから、彼はミドラーを脱いで、ハーパンのみで乗車することで、係員さんたちに自分だとバレないように行動していました。おそらくバレバレですね。
そんな田路君に、明日のブログをお願いしたいと思います。



コメントする