岩岳本戦1日目【開会式・コースオープン】

| コメント(0)

こんばんは.
競技班6年永田です.

6年間に及ぶ現役生活もついに今年が最後となり,
岩岳にて日誌を書かせていただくこととなりました.


本日の大会スケジュールは,コースオープンと開会式でした.

去年,一昨年は,土砂崩れと雪不足の影響により,山頂付近の緩斜面を使用したレースであったため,今年は,3年ぶりのかもしかコースを使ったレースとなります.
女子は12時,男子は13時にコースオープンとなり,翌日から始まる本番に向け,それぞれが調整を行いました.

3月中旬の岩岳ともなると,気温は高く,コースオープンの頃には日差しの影響もあり,重い雪に変わっていました.
外足が逃げやすく,滑りにくい雪質であったと思います.


そんな中,私は,翌日に控えた高速系種目を見据え,スピード感を養うためにSG用のロング板でフリーを行いました.
試合前日であるため,本番のセットを意識し,集中して滑っていたはずでした.

しかし,かもしかの急斜面は特に雪解けが激しく,スピードの出し過ぎもあり,外足を取られ,転倒してしまいました.
転倒の際,右足を強打したらしく,右膝の感覚がありませんでした.


診断の結果,幸い骨に異常はなかったものの,右膝前十字靭帯を少し伸ばしてしまっていることがわかりました.


6年間の集大成として結果を残すはずが,
こんな結末になってしまうとは予想もしていませんでした.

この岩岳本戦でどこまで自分が戦うことができるのだろうと楽しみにしていただけに,
全力で滑ることができないであろうことへの悔しさ,チームメンバーへ迷惑をかけてしまうことへの申し訳なさを感じていました.


ですが,チームメンバーである黒川,亀屋,遠藤,池田をはじめ,リーゼンの仲間全員に支えられ,チームのために自分のできることをしようと,私は治療と応援に専念することにしました.


スキーは個人スポーツでありながら,団体スポーツであることを改めて実感しました.


彼らなら,必ずや最高の成績を残してくれると信じています.
今後のリーゼンの活躍に期待しましょう!



コメントする