木島平合宿A 〜1日目〜

| コメント(0)

どうも木島平2017栄えあるトップバッターを務めさせていただきますのは、リーゼン2年の青木佑介です。
さて、今日から本格的にシーズンインですね。午前中はGSでフリー&ポールトレーニング、午後はGSでポールトレーニングでした。
およそ一年ぶりのポールということもあり、動きが小さくなり硬い滑りになっていましたが、最後の方は少し動きが出るようになって来ました。僕はリーゼンでも珍しいスラローマーなわけですが、今シーズンはGSのトレーニングに力を入れて、総合力を高めたいと思っております。

今日のスキー豆知識
皆さんはこのスキーヤーをご存知ですか?
インゲマル・ステンマルク
名前が少しエロいですね。
ご存知の方もいるとは思いますが、今の学生スキーヤーでその名を知る者は多くはないと思うので、人類の英知であるウィキペディアをフルに活用して紹介させていただきます。70年代から80年代に活躍したアルペンスキーヤーで、全盛期には、100分の1秒単位で競われる技術系の種目(回転と大回転)において、しばしば5秒前後という異次元の大差をつけて優勝するなどライバルを圧倒し、「ステンマルクに次ぐ2位は優勝と同じ価値がある」とライバル選手たちに言わしめた。FISワールドカップでは通算勝利数86と歴代最多であり、「史上最強の天才スラローマー」の呼び声も高い。こんなステンマルクと比べると、今のヒルシャーやクリストファーセンが可愛く見えますね。
ステンマルクは当時無名だったエランの板を使い続けエランというブランドを有名にした。つまり、今のエランがあるのはステンマルクのおかげといっても過言ではない。これは国内ブランドのハートと湯浅直樹との関係と似てますね。
最後にステンマルクの写真を載せておきます。
これが全盛期のインゲマル・ステンマルク
IMG_1008.JPG

そして、これが大学一年で、ウェイ全盛期を迎えた黒川さん
IMG_1010.JPG

こんな風にしていつも黒川さんを怒らせて、先日乳首を焼かれそうになった青木くんに明日の日誌をお願いしたいと思います。では、青木くん明日の日誌をよろしくお願いいたします。



コメントする