全国岩岳学生大会 5日目

| コメント(0)

こんばんは。理工学部4年の藤井純平です。
以前はアクティブ班とか頻繁に投稿したものですが、あれから4年、早いものです!
ただ今シーズンの岩岳本戦、僕は2月末にケガをしてしまい、滑れていません、サポートに従事していました...後述します。

今日は男子GS、女子DHの日でした。天気は昨日の雨から回復し晴れ!なんですけど、低い雲が垂れこみ視界不良の日となりました。そのためDHは予定より20分スタートが遅れ、途中もスタート見合わせを何度も挟みました。でもGSインスぺ時の写真を載せますが、頂上付近の景色はやばかったようです。

1426845845420.jpg

リザルトは後に改めて掲載します!

今日の結果により女子は優勝にかなり近づいたようです、すごい!
また男子では、永田があと少しで特シーになるほど速くて驚きました、女子サポートで滑りを見れなかったのが残念です(>_<)
レース後はラストランした岡さん、永田、江田、水野たちと一緒に、山頂の広場でビールがけからの...!(略)花束を渡されましたが汚してしまう勢いでした。

明日は男子新人戦、女子SGです。1年生頑張れ!明日ラストランメンバーもガンバ!


以下、私事で恐縮ですが載せます。長文失礼します。

僕は同期の中でも生粋の初心者でスタートしたと自負しています。
記憶ない頃、小3の2回ファミリースキーで、初めてリーゼンで滑った1年秋の軽井沢では板はいて前にも後ろにも何も動けない、滑っても止まらず土へコースアウト...と悲惨なものでした。

でも、今の自分は1年、2年の頃の自分では考えられなかったものにはなったと思います。決して僕は速い・上手い選手とかじゃないですが、リーゼンにいてとても恵まれた環境を過ごせたのです。

ただ今シーズンに関してでは、リーゼン以外の遊びでスキー中、右肩の腱を損傷し3月が滑れなくなりました。大したことないだろうと思っていただけに、医者に今シーズンのスキーはとても無理と言われたときは頭が真っ白になり、それからずっと悔しい思いでした。

だけど、それでもサポートでも岩岳本戦に来たのは間違いではなかったと思います。本音では節目のラストランしたかったです。でも、チームの一人としてチームになんとか貢献する事ができただけでも良かったと素直に思えるのです。チームを支えるつもりが、チームに支えられました。
こんな僕でも、みんなからビールがけからのまさか...光栄なことだと思います、内心とてもうれしかったです!(笑)

今シーズンの悔しさをバネに。大学院まで続けるという選択肢も、以前は悩んでいましたが、やってやるという思いが出てきました。忙しく厳しい研究室の下でどれだけ練習行けるか分かりませんが...やっぱりもっとうまくなって結果残したいです。来年岩岳復帰し、2年後こそラストランを飾ってみせます。

口下手な僕でしたが、この4年間支えてくださった同期、後輩のみんな、OBOGの先輩方、チームノブ・SHIFTのみんな、のぶさんをはじめとするコーチの方々に感謝します!今後ともよろしくお願いいたします。



コメントする