全国学生岩岳大会 3日目

| コメント(0)

こんばんは.
岩岳大会3日目3/19(水)のブログ日誌を担当させていただきます.4年松本です.
早くも大学生活も4年目となり時の流れの速さを身にしみて感じているところであります.しかしまぁ早いとは言いつつも振り返ればたくさんの思い出があふれてくるものです.この日誌も3年前はWeb投稿ではなく合宿参加者しか聞けなかったのですが,時代の流れと共にサークルのあり方も変わっていくのですね.

さて,前置きはこのあたりにしておいてそろそろ本題に入ります.この日はカモシカコースにて女子回転,コメツガコースにて男子スーパー大回転が行われました.幸いにもこの日は天候にも恵まれ,選手は気持ちよくスタートまで行けて思う存分力を発揮できる,また,観戦者もほとんどがゴール地点で応援している,岩岳らしい雰囲気の,楽しい1日でした.大会記録は以下のような結果でした.

『天気いいからって遊びだす奴ら.岩岳ならではだね笑』
S_1814111.jpg


女子回転
Rank /Bib / 氏 名 / チーム / 年 / 1strun / 2ndrun / Total / Pnt
5 /31/和田知歌子 /リーゼン/3/50.66/54.09/1:44.75/96
18/63/土志田るり子/リーゼン/3/55.42/57.08/1:52.50/83

男子スーパー大回転
Rank /Bib / 氏 名 / チーム / 年 / Time / Behind / Pnt
42 /57 /井口蔵人/D /4 / 51.97 / 3.02 / 59
54 /29 /本間拓人/A /4 / 52.38 / 3.43 / 47
56 /177/小島和晃/A /院/ 52.48 / 3.53 / 45
66 /83/ 八木優太 /B /2 / 52.87 / 3.92 / 35
74 /273/江田敦史/A /3 / 53.35 / 4.40 / 27
85 /200/松本悠司/A /4 / 53.75 / 4.80 / 16
100/240/藤森宏太/D /2 / 54.51 / 4.46 / 1
111 /318/遠藤裕太/A /1 / 55.27 / 6.32
142 /153/武田俊介/B /4 / 56.44 / 7.49
146 /262/菊池真史/D /4 / 56.57 / 7.62
154 /349/後藤元康/A /1 / 57.09 / 8.14
172 /229/藤井純平/B /3 / 58.30 / 9.35
203 /315/山本卓明/B /1 /1:00.57/11.62
231 /279/北出伊吹/B /1 /1:03.59/14.64
240 /321/田路一毅/B/1 /1:05.70/16.75
DNF/181/永田拓磨/D/3

女子では一昨日に引き続き見事和田が(上位陣には珍しい同タイム同立)5位入賞という成績を残しました.おめでとう!とっしーも63番手からの18位,83ポイント奪取となかなかの好成績でした.

『後ろの窓からのぞいてる奴がちょっと気になる』
S_2020111.jpg

男子は藤森が240番手から140人まき,今年初ポイントを果たしました!素晴らしい!!
Aチームでは4名,Dチームは2名,Bチームも1名ポイントを取りましたが(今年はCチームがありません笑),このサークルの大半が苦手な高速系種目であったためポイントが伸び悩みました.

『不甲斐なかったのかなんかゴールで怒ってた奴.ただ無線はちゃんと持ってる笑』
S__19193859.jpg

『浮かれてんのか知らないけどわけわかんないことする奴』
S__19193860.jpg

とまぁ大会記録をその日の感じでレポートさせていただきましたが実際は大会終了後にこの日誌を書いているのでこのあたりにしておきます.日誌遅くなり大変申し訳ありません.日誌冒頭でこのことに触れずにさらに申し訳ありません.ごまかせると思いましたm(_ _)m

さて,ここからは私事ではありますが学生生活も学部卒業という節目に差し掛かりました(私は大学院進学するので学生はあと2年の予定です).4年間このサークルに身を置いてきましたが,本当に楽しく,ただスキーができればいいと思って入った1年のころからは考えられないくらい充実したスキー生活を送ることができたと感じています.スキー大好きな先輩方に引っ張られ,大学生活で1番といっていいほど仲が良くなった仲間がいて,あくなき向上心を持った後輩たちの存在に奮起されて,このサークルを陰ながら支えてくれるOBOGの方々がいる,今ではこのサークルを心から慶應で1番のスキーサークルだと思っています.

最後にこのメンバー,この環境でスキーができたことに心から感謝いたします.調子に乗りすぎて迷惑ばかりかけていましたが,こんな自分を4年間見捨てないでくれてありがとうございます.卒業していった仲間には特に感謝しています.またこのメンバーでスキーができるのはいつになるのか分かりませんが,いつかまたみんなでスキーができる日が来ることを願っています.本当にありがとう!!



コメントする